タグ:ダイエット ( 2 ) タグの人気記事


ダイエット中の停滞期について

ダイエット中の停滞期

  • ダイエット中の停滞期は、体重や体脂肪率にこだわりすぎない

体重があまり落ちなかったり、停滞すると国で挫折してしまう人が多いはずです
でもダイエットの効果は、体重&体脂肪の数値だけではありません
肩こりが解消した 駅の階段で息が上がらなくなった
肌の調子が良いなどの体の変化もダイエットがうまくいっているサインです。

  • 筋肉痛の辛さは痩せている証拠とポジティブに捉える

前日にちょっと筋トレをしたら翌日お腹やふくらはぎが痛い
でもここでくじけてはダメです008.gif
筋肉痛になるのは、筋肉が破壊され
より強い力が発揮できるよう、筋繊維の修復作業が行われているからです
痛くて嫌だと思うかもしれませんが、実は筋肉が発達している証拠です。
筋肉痛はむしろトレーニングの効果が出ているサインと考えましょう!

  • たとえ痩せてもリバウンドします!

ダイエットに肉や乳製品は不可欠
「たんぱく質」を取らないと、逆に太りやすくなります
ダイエットにはとにかく野菜
サラダをたくさん食べてお腹籠を膨らませます

野菜のみの食事や、「 〇〇だけ」の単品ダイエットは絶対にNG!
筋肉はそのほとんどがたんぱく質でできているので、タンパク質が不足すると
当然筋肉量が減少します。筋肉量が減ると、基礎代謝量が落ち
太りやすく、痩せにくい体質になってしまうのです

太りそうというイメージだけで避けてしまいがちな肉や乳製品は
実はダイエット中だからこそ積極的に取りたいタンパク源です。
野菜のみや単品ダイエットで痩せたとしても、筋肉も基礎代謝も落ちているので
リバウンドしやすい体になってしまうのです。


  • リバウンドしないための痩せ習慣アイディア

短期間での無理なダイエットはやめる
1ヶ月に2キロ以上痩せてしまうと、その分筋肉量が減り
基礎代謝もダウンしている可能性が大きい
体重が減りにくくなるだけでなく、リバウンドしやすくなります
急がば回れがダイエットを成功させるためのコツなのです。



[PR]

by eixao45f | 2014-02-21 10:53

ダイエット 意識しないより習慣意識だけしよう!

ダイエット 習慣

何もしなければ死亡は蓄積されるだけ。代謝をアップするには下半身のプチトレを!

  • ソファーはいちにち1時間まで!椅子に座るときは背中にボールを挟んで座り鍛える
 ソファーに長時間座っていると、骨盤が後傾し、足の筋肉を衰えさせる要因になります。
また内臓の位置が下にずれ下腹部が出てしまいます。椅子に座るときは背中と椅子の背の間に大きめのボールを入れ直姿勢で座りましょう。

  • 1日5分でOK!空いてる時間に段差を上り下り
 踏み台昇降運動は、手軽かつ効果的に下半身を鍛えられるエクササイズの1つ
家の中にある小さな段差や踏み台を使って、片足ずつ段差に上がり、上がった足から降りるようにします。
調理中のちょっとした隙間時間や歯磨きの最中などできる場所、時間を見つけてやってみてはいかかでしょうか?

  • 買い物はカートを止めてカゴを持つようにしましょう
 買い物中もエクセサイズできる絶好のチャンスです。
だらだらとカートを押すのをやめ、カゴを持って歩くだけで筋肉は刺激を受けて、筋トレになります。

  • 椅子から立ち上がる時はいつも片足で!
 椅子から片足で立ちがると足全体重がかかり筋肉が活性化します。
座っている状態で両手をテーブルにつき、片方の足をひざの角度が120度くらいになるまで上げましょう。

  • 行きか帰りどちらかだけでも階段を使うようにしましょう
1日5分階段を使うと約40kcal消費します。筋肉を鍛えるためには エスカレーター エレベーターを使わないようにしましょう

太る習慣にビシッとダメ出しが書いてあり、何個か当てはまることがあり、これからの生活に生かしていきたいと思います。

今日からすぐに実行できそうなことばかりで、かつ簡単にできることばかりなので、心がけ次第で続けていけそうな気がしますね。

何事も継続は力なりといいますが、その通りかもしれませんね。
無理なことを長く続けるのは、気持ちも苦しくなり 投げ出したくなったりするので
簡単で少しの時間で出来るのが魅力だと思います。





[PR]

by eixao45f | 2014-02-19 10:48
line

やせる方法こそ知ってると知らないで大違い!やせる生活習慣をちょっと意識するだけで毎日の食生活・生活習慣から来る太りやすい原因や食習慣を改善するだけで、やせていきますよ


by eixao45f
line